まくらのお悩み Q&A 「腰痛がひどいです。」

2018/07/05



全国のオーダーメイド枕が作れるお店を検索できるポータルサイト

『まくらる』

寄せられる質問に頚椎メディカル枕が鋭く回答いたします。


【ストレートネック】
■質問■
マットレスは固いほうが腰痛に良いとよく聞きますが、枕も関係あるのでしょうか?

腰痛には枕は固いほうが良い、低いほうが良いなどありましたら教えてください。




■回答■

こんにちは。
頚椎メディカル枕、鍼灸師の船渡川と申します。

腰痛にとって一番重要なのは “寝返り” になります。寝返りには血流を促進し、筋肉や関節の柔軟性を保つ効果があります。通常寝返りは20~30回ほど打つといわれておりますが、腰痛患者さんは10回にも満たないことがあります。


>枕も関係あるのでしょうか?
寝返りはまず頭部から始まるといわれております。なので寝返りを妨げる、形、素材、高さが枕に重要になってきます。

>腰痛には枕は固いほうが良い、
固いか、柔らかいで言えば固い方が良いです。例えばフワフワのマットの上で動くより、フローリングなどしっかりした床の方が動きやすいのと同じです(故に体圧を分散しすぎるのは寝返りの妨げになります)。しかし、固すぎると寝心地が悪くなります。痛みで目が覚めては本末転倒なので、しっかりした支持力と寝心地が両立できる固さが理想です。

>低いほうが良いなどありましたら教えてください。
例えば背骨を一本の棒に例えてみてください。横から見てしなったり、曲がっている棒よりも真っ直ぐな棒の方がコロコロ、スムーズに転がりますよね。枕も同じで背骨が直線になるような高さがベストです。目安は鼻の頭を通る顔の中心線が床と平行な物を選ぶとよいでしょう。

売り場では【波型】や【サイドが高くなっている】など形のついた枕を見かけることがあります。当然ながらこれらの形は寝返りを妨げてしまうので、当社としてはあまりお勧めできません。

高さ、固さ(素材)、形をキーワードに貴方にピッタリの枕をお探しください。

一覧に戻る

PAGE
TOP